診断の手引き

  1. 慢性消化器疾患
  2. 大分類: 総排泄腔異常症
43

総排泄腔遺残

そうはいせつくういざん

persistent cloaca

告示

番号:20

疾病名:総排泄腔遺残

診断方法

以下の2項目のうち、いずれか1項目を満たせば確定診断とする。

  1. 手術所見または剖検により、直腸・肛門、膣、尿道が分離せず共通管を形成し会陰部に一孔のみみられる場合。
  2. 会陰部瘻孔および人工肛門からの造影、CT、MRIなどの画像診断で、直腸・肛門、膣、尿道が分離せず共通管を形成し会陰部に一孔のみみられる場合。

当該事業における対象基準

疾患名に該当する場合

:バージョン1.0
承認日
文責
:日本小児外科学会