診断の手引き

  1. 慢性消化器疾患
  2. 大分類: 肝血行異常症
33

門脈・肝動脈瘻

もんみゃく・かんどうみゃくろう

Congenital Hepatoportal Arteriovenous Fistula

告示

番号:8

疾病名:門脈・肝動脈瘻

診断方法

A.主要症状・所見

  1. 吐血・下血など門脈圧亢進症の症状を示すことが多い。
  2. 脾腫・腹壁静脈怒張など門脈圧亢進症の所見をみることが多い。
  3. 聴診で肝に雑音が聴取されることが多い。

B.検査所見

  1. 血液検査で血小板減少など血球減少をみることが多い。
  2. 超音波検査、造影CT、血管造影など画像検査で肝動脈から門脈へ流入する血流が確認される。

※ 上記A.の症状を呈し、B.2に該当するものを本症と診断する。

参考文献

Sutcliffe R, Mieli-Vergani G, Dhawan A, et al. A novel treatment of
congenital hepatoportal arteriovenous fistula.
J Pediatr Surg. 2008 Mar;43(3):571-3.

当該事業における対象基準

疾病による症状がある場合、治療を要する場合又は肝移植を行った場合

:バージョン1.0
承認日
文責
:日本小児栄養消化器肝臓学会