診断の手引き

  1. 慢性消化器疾患
  2. 大分類: 難治性下痢症
5

アミラーゼ欠損症

あみらーぜけっそんしょう

amylase deficiency

告示

番号:23

疾病名:アミラーゼ欠損症

診断方法

A.主要症状

  1. 乳児期以降に見られるデンプン顆粒を混じた発酵性の下痢。悪臭を伴いやすい。
  2. 体重増加不良

B.検査所見

  1. 十二指腸液中の膵アミラーゼ活性が著しく低いか全く認めない。血中膵アミラーゼ活性も同様である。
  2. 経口的にデンプン(50g/m2)を投与しても血中グルコースの上昇を認めない(でんぷん負荷試験)。
  3. 便中の糖が0.5g/dL以上を示す。
A.に該当し、さらにB.の1および2に該当する場合を本症とする。

当該事業における対象基準

疾病による症状がある場合又は治療を要する場合

:バージョン1.0
承認日
文責
:日本小児栄養消化器肝臓学会