診断の手引き

60

ガラクトース-1-リン酸ウリジルトランスフェラーゼ欠損症

がらくとーすいちりんさんうりじるとらんすふぇらーぜけっそんしょう

Galactose-1-phosphate uridyltransferase deficiency

告示番 号62
疾病名ガラクトース-1-リン酸ウリジルトランスフェラーゼ欠損症
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

  1. 新生児マススクリーニングの対象疾患であり、濾紙血のガラクトース、ガラクトース-1-リン酸高値によりスクリーニングを行い、ボイトラー法によってその酵素活性を測定する。
  2. 新生児期早期から、哺乳開始後、不機嫌、食欲不振、下痢、嘔吐などの消化器症状、体重増加不良、採血後の止血困難などがみられる。低血糖、尿細管障害、白内障、肝障害(黄疸、肝脾腫、肝逸脱酵素上昇など)をきたし、凝固系異常、溶血性貧血の所見を示すこともある。ガラクトース高値が大腸菌発育を促進するため敗血症、髄膜炎などの感染症を併発することが多い。
  3. 酵素診断: ボイトラー法により蛍光を認めない。
  4. 遺伝子診断:現在行っている施設はない。

当該事業における対象基準

疾患名に該当する場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本先天代謝異常学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る