診断の手引き

15

アルギニノコハク酸尿症

あるぎにのこはくさんにょうしょう

Argininosuccinic aciduria

告示番 号2
疾病名アルギニノコハク酸尿症
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

1.新生児型、遅発型

(1)臨床症状・家族歴

①嘔気、嘔吐、意識障害、痙攣、ADHD、学習障害、知的障害などの非特異的な臨床症状
②新生児期における同胞の突然死
③結節性裂毛症:毛髪繊維の脆弱性とキューティクルの減少による毛幹部の結節性腫大

(2)検査データ

①血中アンモニア高値
新生児>120 μmol/L(200 μg/dL)、乳児期以降>60 μmol/L(100 μg/dL)以上
②アニオンギャップ:正常(<20)
③血糖:正常範囲(新生児期>40 mg/dL)

(3)特異的検査

①血中アミノ酸分析(シトルリン高値、アルギニン低値、アルギニノコハク酸*)、尿アミノ酸分析(シトルリン排泄増加、アルギニノコハク酸*)、尿有機酸分析(オロト酸排泄は正常から増加)
②酵素活性あるいは遺伝子解析における異常


(1)のうち1項目かつ(2)の①を含めた2項目以上を満たす場合、尿素サイクル異常症が疑われ、確定診断のための検査を行う。
診断の根拠となる(3)①もしくは②を認めるときASS欠損症と確定診断とする。

2. 発症前型

高アンモニア血症を認めない極軽症例においては、診断の根拠となる(3)①もしくは②を認めるときASAと確定診断とする。

*:HPLC・ニンヒドリン法での場合。質量分析法の場合にはアルギニノコハク酸が検出対象項目とされていないため、アルギニノコハク酸の有無の情報は得られない。

当該事業における対象基準

疾患名に該当する場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本先天代謝異常学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る