診断の手引き

138

リポイドタンパク症

りぽいどたんぱくしょう

Lipoid proteinosis

告示番 号34
疾病名リポイドタンパク症
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

以下のような特徴的な皮膚症状から本症を診断する。
1)眼瞼縁に小丘疹が、真珠の首かざり状に一列に並ぶ
2)肘などに疣贅状の結節や丘疹を認める
3)口腔内に特徴的な白色結節を認める
4)乳児期から嗄声がある。
5)頭部CTで、側頭葉や視床下部に石灰化を認める。
extracellular matrix protein 1(ECM1)遺伝子の変異解析が死んだに有用であるが、一般的ではない。

当該事業における対象基準

疾患名に該当する場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本先天代謝異常学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る