診断の手引き

137

大理石骨病

だいりせきこつびょう

Osteopetrosis

告示番 号32
疾病名大理石骨病
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

X線像により診断される。長管骨では、骨皮質と髄腔の途境界が不明瞭で、骨梁構造を認めがたい。びまん性の骨効果増をしまし、チョーク様といわれる。脊椎では、椎体上下の終板が、帯状に硬化する。腸骨翼に、波紋状または弧状の骨硬化帯がみられる。

当該事業における対象基準

疾患名に該当する場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本先天代謝異常学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る