診断の手引き

10

抗利尿ホルモン(ADH)不適合分泌症候群

こうりにょうほるもんふてきごうぶんぴつしょうこうぐん

Syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone

告示番 号34
疾病名抗利尿ホルモン(ADH)不適合分泌症候群
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

I. 主症候

  1. 脱水の所見を認めない。
  2. 倦怠感、食欲低下、意識障害などの低ナトリウム血症の症状を呈することがある。

II. 検査所見

  1. 低ナトリウム血症:血清ナトリウム濃度は 135 mEq/L を下回る。
  2. 血漿バゾプレシン値:血清ナトリウム濃度が 135 mEq/L 未満で、血漿バゾプレシン濃度が測定感度以上である。
  3. 低浸透圧血症:血漿浸透圧は 280 mOsm/kg を下回る。
  4. 高張尿:尿浸透圧は 300 mOsm/kg を上回る。
  5. ナトリウム利尿の持続:尿中ナトリウム濃度は 20 mEq/L 以上である。
  6. 腎機能正常:血清クレアチニンは 1.2 mg/dL 以下である。
  7. 副腎皮質機能正常:早朝空腹時の血清コルチゾールは 6 μg/dL 以上である。

III. 参考所見

  1. 原疾患(表1)の診断が確定していることが診断上の参考となる。
  2. 血漿レニン活性は 5 ng/mL/h 以下であることが多い。
  3. 血清尿酸値は 5 mg/dL 以下であることが多い。
  4. 水分摂取を制限すると脱水が進行することなく低ナトリウム血症が改善する。

診断基準

確実例: I の 1および IIの 1~7 を満たすもの。

鑑別診断

低ナトリウム血症をきたす次のものを除外する。

  1. 細胞外液量の過剰な低ナトリウム血症:心不全、肝硬変の腹水貯留時、ネフローゼ症候群
  2. ナトリウム漏出が著明な低ナトリウム血症:腎性ナトリウム喪失、下痢、嘔吐

表1 バゾプレシン分泌過剰症(SIADH)の原因


1.中枢神経系疾患:   
  • 髄膜炎
  •   
  • 外傷
  •   
  • くも膜下出血
  •   
  • 脳腫瘍
  •   
  • 脳梗塞・脳出血
  •   
  • Guillain-Barre症候群
  •   
  • 脳炎

2.肺疾患:   
  • 肺炎
  •   
  • 肺腫瘍(異所性バゾプレシン産生腫瘍を除く)
  •   
  • 肺結核
  •   
  • 肺アスペルギルス症
  •   
  • 気管支喘息
  •   
  • 陽圧呼吸

3.異所性バゾプレシン産生腫瘍:   
  • 肺小細胞癌
  •   
  • 膵癌

4.薬剤:   
  • ビンクリスチン
  •   
  • クロフィブレート
  •   
  • カルバマゼピン
  •   
  • アミトリプチン
  •   
  • イミプラミン

当該事業における対象基準

治療で補充療法、機能抑制療法その他薬物療法のいずれか1つ以上を行っている場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本小児内分泌学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る