診断の手引き

9

高プロラクチン血症

こうぷろらくちんけっしょう

Hyperprolactinaemia

告示番 号33
疾病名高プロラクチン血症
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

I.主症候


1. 女性:月経不順・無月経 不妊 乳汁分泌 頭痛 視力視野障害
2. 男性:性欲低下 陰萎 頭痛 視力視野障害

II.検査所見

血中PRL基礎値の上昇
複数回測定し、いずれも20ng/ml (測定法により30ng/ml)以上を確認する。

III.鑑別診断(表1参照)

1薬剤服用
 表1の1の薬剤服用の有無を確認する。
 該当薬があれば2週間休薬し、血中PRL基礎値を再検する。

2原発性甲状腺機能低下症
血中甲状腺ホルモンの低下とTSH値の上昇を認める。

3視床下部―下垂体病変
1、2を除外した上でトルコ鞍部の画像検査(単純撮影、CT、MRIなど)を行う。

  1. 異常なし
  2. 他の原因(表1の5)を検討する。
    該当なければ視床下部の機能性異常と診断する。
  3. 異常あり
  4. 視床下部・下垂体茎病変
    表1の3のⅡを主に画像診断から鑑別する。

下垂体病変
PRL産生腺腫(腫瘍の実質容積と血中PRL値がおおむね相関する。)
他のホルモン産生腺腫

 

診断の基準

確実例 IおよびIIを満たすもの。
なお、原因となる病態によって病型分類する。

表1.高PRL 血症をきたす病態

1薬物服用(代表的な薬剤を挙げる)  

  1. 抗潰瘍剤・制吐剤(metoclopramide,domperidone,sulpiride 等)  
  2. 降圧剤(reserpine,α-methyldopa 等)  
  3. 向精神薬(phenothiazine,haloperidol,imipramine 等)  
  4. エストロゲン製剤(経口避妊薬等)

2原発性甲状腺機能低下症

3視床下部・下垂体茎病変

  1. 機能性
  2. 器質性  
    1. 腫瘍(頭蓋咽頭腫・胚細胞腫・非機能性腫瘍など)  
    2. 炎症 肉芽腫(下垂体炎・サルコイドーシス・ランゲルハンス細胞組織球症など)  
    3. 血管障害(出血・梗塞)  
    4. 外傷

4下垂体病変  

  1. PRL 産生腺腫  
  2. その他のホルモン産生腺腫

5他の原因  

  1. マクロプロラクチン血症(注)  
  2. 慢性腎不全  
  3. 胸壁疾患(外傷、火傷、湿疹など)  
  4. 異所性PRL 産生腫瘍
 

(註)PRL に対する自己抗体とPRL の複合体形成による。臨床症状を欠くことが多い。

当該事業における対象基準

治療で補充療法、機能抑制療法その他薬物療法のいずれか1つ以上を行っている場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本小児内分泌学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る