診断の手引き

27

副甲状腺欠損症

ふくこうじょうせんけっそんしょう

Parathyroid gland defect

告示番 号83
疾病名副甲状腺欠損症
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

  • 低カルシウム血症
  • 高リン血症
  • 血中PTH低値
 

多くが原因不明であり,特発性副甲状腺機能低下症(IHP : idi-opathic hypoparathyroidism)と総称されてきたが、家族性発症を示すものなどで遺伝子検索が可能となってきている。(副甲状腺の先天性形成不全、発生異常を除く)

  • 副甲状腺のCa感受性の異常
  • 自己免疫性
  • PTH遺伝子異常
  • 低Mg血症
  • 続発性: 頸部手術や放射線照射後などに伴い発症

欠損は、画像診断、遺伝子診断等によるが、確定は困難。

当該事業における対象基準

治療で補充療法、機能抑制療法その他の薬物療法を行っている場合。ビタミンDの維持療法を行っている場合も対象とする。

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本小児内分泌学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る