診断の手引き

21

橋本病

はしもとびょう

Hashimoto disease

告示番 号26
疾病名橋本病
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

A. 臨床所見

  1. びまん性甲状腺腫大

B. 検査所見

  1. 抗甲状腺マイクロゾーム(またはTPO)抗体陽性
  2. 抗サイログロブリン抗体陽性
  3. 細胞診でリンパ球浸潤を認める

診断

A.および B.の1つ以上を有するものを橋本病と診断する。

附記

  1. 自己抗体陽性の甲状腺腫瘍は慢性甲状腺炎(橋本病)の疑いと腫瘍の合併と考える。
  2. 甲状腺超音波検査で内部エコー低下や不均一を認めるものは慢性甲状腺炎(橋本病)の可能性が強い

当該事業における対象基準

治療で補充療法、機能抑制療法その他薬物療法のいずれか1つ以上を行っている場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本小児内分泌学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る