診断の手引き

31

川崎病性冠動脈瘤

かわさきびょうせいかんどうみゃくりゅう

Coronary aneurysms complicated with kawasaki disease

告示番 号5
疾病名川崎病性冠動脈瘤
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

[症状 ]
多くはないが、時に狭心痛、心筋梗塞を起こす。死亡することもある。

【胸部X線所見】
慢性化した重症冠動脈瘤では石灰化をみることがある。

[心電図 ]
虚血性心疾患と同様の所見を呈する(ST上昇、異常Q波)

【心エコー図】
明らかな冠動脈拡大をみる。

【心臓カテーテル・造影所見】
造影所見で、冠動脈瘤が証明できる

[診断 ]
心エコー、心臓カテーテル検査

当該事業における対象基準

一過性でないことが確実な冠動脈異常所見(拡張、瘤形成、巨大瘤又は狭窄)を確認し、継続的な治療が行われている場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本小児循環器学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る