診断の手引き

9

気管支拡張症

きかんしかくちょうしょう

bronchiectasis

告示番 号4
疾病名気管支拡張症
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

主要臨床症状

  1. 慢性の湿性咳嗽
  2. 労作時呼吸困難
  3. バチ状指

他の重要な臨床所見

  1. 肺聴診でcrackles & rhonchi
  2. 肺機能検査では、進行性の閉塞性換気障害
  3. 胸部単純X線で無気肺や,”tram track”,”ring sign”などの気管支壁肥厚像
  4. 副鼻腔炎を合併することが多い

確定診断

  1. 高解像度コンピュータ断層撮影(HRCT)で気管支拡張像を確認する

当該事業における対象基準

気管支炎や肺炎を繰り返す場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本小児呼吸器学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る