診断の手引き

29

乳児一過性低ガンマグロブリン血症

にゅうじいっかせいていがんまぐろぶりんけっしょう

Transient hypogammaglobulinaemia of infancy with normal numbers of B cells

告示番 号6
疾病名乳児一過性低ガンマグロブリン血症
疾患概要、医療意見書等のダウンロードはこちら

診断方法

  1. 血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である
  2. その他の血清免疫グロブリンの値は問わない
  3. 生後6か月以降
  4. その他の原発性免疫不全症が除外されている

当該事業における対象基準

感染の予防や治療で補充療法を実施する場合、抗菌薬、抗ウイルス薬、抗真菌薬等の投与が必要になる場合又は入院加療を要する感染症にかかった場合

:バージョン1.0
更新日
:2014年10月6日
文責
:日本免疫不全症研究会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る