25

腺腫様甲状腺腫          

せんしゅようこうじょうせんしゅ

Adenomatous goitre

告示番 号55
疾病名腺腫様甲状腺腫          
診断手引き、医療意見書等のダウンロードはこちら

概念・定義

甲状腺内に結節の多発する疾患であり,腺腫様に増殖を示す部分,過形成を示す部分,およびほとんど正常の部分が混在する.病理所見としては,肉眼的には数個の結節を認めることが多い.結節はしばしば出血,壊死,嚢胞形成,結合織増生,石灰沈着などの二次的変化を伴う.

病因

腺腫様甲状腺腫は過形成であるが,その原因は不明である.

疫学

腺腫様甲状腺腫は発症率がそれほど多くないうえに,正確に診断されていない症例も多数あると思われるので,正確な発症頻度は不明である.

臨床症状

結節状に腫大した甲状腺腫を認める.結節がはっきりしない場合も多い.稀に巨大な甲状腺腫のため気管や食道への圧迫症状を呈することがある.

診断

治療

腺腫様甲状腺腫は腫瘍性疾患ではないので,基本的には外科治療の必要はなく,通常経過観察される.しかし,非常に大きな甲状腺腫,気管や食道の圧迫症状のある場合,機能性結節を生じた場合,および甲状腺癌の合併が疑われる場合は外科的摘除が考慮される

管理・予後

定期的な診察,超音波検査および甲状腺機能や甲状腺自己抗体のチェックが重要である.

参考文献

1) 栗原英夫,他:良性結節性甲状腺腫.別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.1 内分泌症候群(第2 版)II 甲状腺.460-464, 2006
2) 佐々木文章,他.小児の甲状腺良性腫瘍.小児外科 32: 379-383, 2000
3) 夏目博宗,他:腺腫様甲状腺腫,腺腫,癌.小児内科 30: 942-947, 1998
:バージョン1.0
更新日
:2014年10月1日
文責
:日本小児内分泌学会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る