83

神経節腫(神経節細胞腫)

しんけいせつしゅ (しんけいせつさいぼうしゅ)

Gangliocytoma

告示番 号57
疾病名神経節腫
診断手引き、医療意見書等のダウンロードはこちら

定義

最近では神経節細胞腫と呼ばれている。よく成熟分化した大型の腫瘍性細胞からなり、徐々に発育する良性の腫瘍(WHOグレードI)である。

疫学

小児や若年者にみられる。

症状

大脳、とくに側頭葉に発生し、けいれんの原因となり、高次脳機能障害、情動障害をきたし、増大すれば頭蓋内圧亢進症状を来す。

診断

画像診断では境界明瞭な腫瘤を形成し、嚢胞や石灰化を伴うことが多い。摘出した標本の病理組織検査で確定する。組織学的には背景のグリアに異形性を認めない点が神経節膠腫との違いである。

治療、予後

神経節膠腫に準じる。

文献

1)日本脳外科学会・日本病理学会編:脳腫瘍取扱い規約 第3版、金原出版、東京、2010.
2)太田富雄 総編集、川原信隆、西川 亮、野崎和彦、吉峰俊樹 編集:脳神経外科学 改訂11版、金芳堂、京都、2012.
:バージョン1.0
更新日
:2014年10月1日
文責
:日本小児血液・がん学会、日本小児神経外科学会
成長ホルモン療法の助成に関して
低身長を認め成長ホルモン治療の対象基準を満たす場合は、小慢による成長ホルモン治療助成の対象となります。
成長ホルモン療法の助成に関しては下記を参照してください。
成長ホルモン療法の助成に関して
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る