14

ブルーム(Bloom)症候群

ぶるーむしょうこうぐん

Bloom syndrome

告示番 号54
疾病名ブルーム症候群
診断手引き、医療意見書等のダウンロードはこちら

概要

染色体不安定性を基盤とした特徴的な身体所見と放射線感受性を呈する免疫不全症であり、悪性腫瘍合併率が多い疾患である。

病因

DNAヘリカーゼをコードするBLM遺伝子変異による。常染色体劣性遺伝形式をとる。

疫学

稀な疾患である。

臨床症状と検査所見

A.臨床症状
1. 小柄な体型
2. 特徴的な鳥様顔貌
3. 日光過敏性紅斑
4. 造血不全
5. 放射線感受性の亢進
 造血器腫瘍(白血病、リンパ腫)の合併が高率である。
6. 糖尿病の合併
7. 不妊
B. 検査所見
1.姉妹染色体分体の交換(sister chromatid exchange)の頻度を解析する。Bloom症候群では、sister chromatid exchangeの頻度の上昇が認められる。
2. T細胞数は正常
3. B細胞数は正常。免疫グロブリン値の低下

治療

免疫不全の程度により感染症への対策を行う。悪性腫瘍合併時には治療感受性を考慮しながら治療を行うことが重要である。

合併症

造血器腫瘍(白血病、リンパ腫)の合併が高率である。
:バージョン1.0
更新日
:2014年10月1日
文責
:日本免疫不全症研究会
「小児慢性特定疾病の対象疾患について」に戻る